忍者ブログ

[PR]

2018年02月24日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説も好きですぜ

2013年02月15日
 カテゴリが「麻雀漫画」ですが、小説も含めるという事になりました、今から。

マガ哲の星野てんてーが挿絵描いてらっしゃるっていうから、買ってきました!






 660ページくらいの分厚い雑誌です。

 …が、全部が全部麻雀じゃなかったです、当たり前ですかすみません。

 冒頭のカラーページが、阿佐田氏と縁のあった方のインタビューとか、対談とか、そんな感じ。
我らが(?)バビィと、小島てんてーも対談されてましたぜー。雀鬼さまの阿佐田氏とのエピソードも2ページほど。
+阿佐田氏の小説「大三元の家」が再録となってます。

 なので、麻雀関係の話をしてるのは冒頭から70ページ分ぐらいですかね。
後は、読みきりで「バカラ」の小説、以降は普通の小説でした~(^▽^;


 阿佐田氏の特集に関して、
いやー、非常にいいつくりだったと思います。

 何がいいかってね、まず紙の質が良かったんです。
本って手触り大事超大事。
レイアウトも非常に落ち着いていてお洒落でですし、文章も知的で上品な感じ。

 ギャンブル特集でありながら、扇情的なものは一切なく、ギャンブルの本質はどこから来るのか、
それは自己破滅の願望…とかなんとか。一言で表すとそんな感じ。

「麻雀文化は文壇の中から生まれた」という感じがいいですね…。(゜ωÅ)
麻雀関連の書籍は全て、こーいう理知的な雰囲気にしていただきたいですねー (*´・┏ω┓・)(・┏ω┓・`*)ネー


 で、肝心の挿絵ですよ!


 
 


 と、先生がツイートされているように、今までとは全然違う哲也やドサ健が見られますよ!
見開きページで6キャラ(だったかな)の立ち絵なんですけど、フルカラーで描きおろしとは贅沢ですよ!!!


 
 発売元は角川書店で、
角川と言えば麻雀放浪記等、阿佐田氏の麻雀小説を多く出版した会社です。

 この会社が、もっと積極的に麻雀関係のものを出版してくれたらなー…、と思いました。
角川系漫画雑誌で麻雀漫画だと………

 
 ……1年で1、2話しか進まなそーな気がしないでもないでもない。


PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字