忍者ブログ

[PR]

2018年10月21日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小学生じゃ仕方ないよね~(´▽`)ノ

2012年03月09日
 ツイッターでお世話になってる方の激オススメ作品という事で、読んでみました…w





 ピッチャーしかやりたくない!っつー主人公と、バッターしかやりたくないメンバーで、それじゃ野球にならんがなwwwというリトルリーグ漫画です。


 いや~、色々とぶっ飛んでて面白かったです(^▽^)
なんというか、勢いがありすぎwwwwってな感じですね~。


 ぶぼなら紅一点の大野タソ(;゚∀゚)=3ハァハァっていうと思われそうな気がしますが、
ざんね~ん(´▽`)ノ
まだあまり出番がないので、何とも…w


 個人的には澤村くんが気になる所です…w
投手で「澤村」って名がついている時点で、もう彼は重要人物確定っていうか絶対いいキャラだと思います(`・ω・´)


 漫画内で「リトルリーグでは連投できない」ってのが出てくるんですが、
そうそうそうなのです、まだ筋肉や骨が柔らかすぎる小学生なので、肩を壊さない為、投球数に制限があるのですよ~。

 未発達の骨格とか筋肉とか……
く……なんですかこの胸のときめきは……(*´д`)=3ハァハァ
 

 チームで唯一の常識人・衣笠くんもいい味出してますね~。



 
 い、一応、昔はそれなりに少年野球に縁があった者としては、
監督・コーチ不在じゃ試合どころか練習も出来ないんだけど…とか、ついつい考えてしまうから俺はダメなんだ!!!!!!

 と思いますた…(´・ω・`)


 漫画ですから、勢いが全て!!


 1巻では、主人公君のチームが決まって、リーグ戦が始まり…という所まで。
続きが楽しみです(^▽^)



 
PR

実務経験:殺し屋

2012年02月29日
 原てんてーの作品が載ってるっていうので、買いました…w





 「悪党パンチ」という作品なのですが、めっさ面白かったです!


 真面目で根は優しい殺し屋の宮本羅門君が、普通の生活に憧れて普通の職業への就職を目指すが…
…というお話。

 
 何処まで本気なのwwwwwwという、ギャグなのか大真面目なのかスレスレといいますか、
この絵で真面目にギャグをやるからツボに嵌るといいますか、
とにかく、大変面白かったですw


 元は全6話だそうですが、この本には3話分しか掲載されていないのが惜しい…(´;ω;`)
全話読みたいです。

 
 というか、この作品に限らず、原てんてーはもっと評価されるべき!(`・ω・´)b
絶対面白いって…。
全体的に(と言うほど、全作品を読んでるわけじゃないので恐縮ですが)漫画として素晴らしいと思うんだけどなぁ…。

 単行本未収録となると、雑誌のバックナンバーを探さないといけない訳で、
それはとても大変なのですよ・・・(ノд`)、



 他には、ゴラクで御馴染み「白竜」の渡辺先生の、「外道無頼」と
現在近麻で連載中、「鉄火場のシン」の森先生の、「賭狩り」も収録されてます~。


 興味のある方は、コンビニへGOε=(┌ `・ω・)┘

所謂一つの「元巨人軍」みたいなアレ

2011年08月22日

 今日、知人がネットサーフィンしているのを眺めていたら・・・

 ・・・み、見覚えのある画風・・・
え、え、これってまさか・・・!!??

 ・・・つ事で発見しました!
先生、こんな所でお仕事なさってたのぉーーーーー!!!


 



 
 コレ、連載が「ジャンプスクエア」という・・・、
ターゲット層が恐らく10~20代、週刊少年ジャンプよりもヲタ系の購読層を狙った「絵がキレイ」系な漫画雑誌ですよ!

 こ、こういう雑誌でまさか画太郎てんてーが連載しているとは夢にも思いませんでしたwwwww

 ネタは相変わらずの安定感ですwwwwwww 
な、なんか絵のテキトーさに磨きがかかった感は否めない気もしますが・・・(^^;;;
可愛いは正義!!!
全て許されます!!!!!

 超個人的な欲を言うと、表紙もいつもの調子で行って頂きたかったです・・・w
まさか先生の作品で、萌えっ子を全面に持ってくるとは・・・・・・!!!



 画太郎先生と言えば、週刊少年ジャンプで「まんゆうき」をお描きになって、




「実は萌え系もいけるのではないか」と、その当時から噂されていましたが・・・
いやはや、約16年後に実現する日がこようとは…wwww



 で、大喜びで今月号を買いに行きました。
そしたら今月号・・・・・・ちょ・・・・・・(´゚艸゚)∴ブッ


 こ、この雑誌ってR15とかつけなくていいんですかwwwwwwwww


 ふぅ~・・・( *´∀`)
こりゃぁ永久保存版だな・・・。


 実はワタクシ、画太郎てんてーの女の子こそ至上の萌でして・・・
まんゆうきの「娘々」たんは永遠の嫁であります。

 ヤングジャンプ連載だった「つっぱり桃太郎」にも、そりゃぁ可愛いおにゃのこが登場しまして・・・
団子屋の娘(?)も可愛いのですが、「コビャッコ」タンという猫耳(っていうか虎娘)ちゃんもおりまして・・・

 そのコビャッコタン、登場して数話で・・・
「がたろうせんせいがえっちなまんがにちょうせんしたよ」(だったかな)のアオリの話で、まさかのポロリシーンが拝めると言う・・・

 そ、それが評価されたんですかね・・・ってそりゃ何年前の話よ・・・(^^;


 いやもぅ、と~にかくサプライズですわーーーー!

 要はアレアレ。
やはり天下の週刊ジャンプで連載した漫画家は、その名前だけでオファーに困らない・・・のかどうなのかは存じません。


 この漫画もいつも通りに、意味不明のまま支離滅裂に突き進んでいただきたいものです。


つづきはこちら "所謂一つの「元巨人軍」みたいなアレ"

だってツボだもん。

2011年08月04日

 いやいやいや、また始まったよおいらの病気と言うかアレが…ww
知人から一方的に「読め」と押し付けられたのですが、
まんまと嵌ってしまいましたwww
 




 も~椿くんが可愛いくてかわいくてかぁいくて…(;゚∀゚)=3ハァハァ
主人公ではないのですが、椿くん初登場で速攻すっ転んだ俺。

 く…黒髪短髪ツリ目って…(;゚∀゚)=3ハァハァ
もう、どストライクですごめんなさい。
気が強いようで、意外と弱い所もまた…(;゚∀゚)=3ハァハァ
滅多に笑わないっていうのもポイント高いっす(;゚∀゚)=3ハァハァ


 …と、キモくてすみません。

 えーっと、内容的には学園漫画の王道+ギャグ って感じでしょうか。
ギャグ要素は、ツボにはまるとひたすら笑い転げてしまいますw

 キャラクターの個性も豊かで、みててほっこり…(*´ω`)な感じです。
あ~、たまには学園モノもいいですねぇ…(*´ω`)


 で、全然いきなりですが、

 コレを貸してくれた人も椿君ファンでして、リアルで好きなキャラを語れるこの幸福感…w
萌えってこういう使い方もあるのね…。

 その人に、NHKの熱中症予防の、例のあの坊やを見せたら「可愛い~~~(*´∀`)vvv」と賛同してくれました。

 同志よっ……!


 以下、ネタバレって程のものでもないですが、一応畳んでおきます…w

いやネタバレか…? "だってツボだもん。"

来たっ!恐怖新聞…!

2011年03月28日

 スロットでハマって以来、ずっと読みたいと思っていたのですが、
つい先日、やっと買えました~w 



 オークションで落札したのですが、その出品者様が茨城の方でして…(^^;
落札したのが震災直後でして、その為にしばらく連絡がとれなかったので、大丈夫かなぁ…(´・ω・`)と心配だったり、
連絡がついてホッとした後も、ゆうパック等の配送がストップしてたりで…
色々と苦難を乗り越えて、やっとこ我が家へ到着です(T▽T)

 まだ2巻までしか読み終えていないのですが…

 なんだって鬼形くんは霊やら怪しい人やらに好かれちゃってるのwwwwww
…が、今の所の感想です(^^;


 僕ぁ子供の頃は、霊とかUFOとかかなり本気で信じてましたから(;^^ヾ
その当時コレ読んでたら絶対信じ込んでただろうな~ww
…と思いながら読んでます。

 なんたってUFO特集番組とか観ちゃうと、怖くて夜、犬の散歩に行けなかった記憶がwwww
…昔のぶぼは純真だったんです…。

 そいや最近、心霊番組とかUFO特集とか、
「霊やUFOは必ず存在する」って事を前提でやってる番組や漫画…
めっきり減りましたよね~。

 夏の「ホラー特集」ですら、「霊の存在を証明するためのもの」ではなく、
単純に「怖い話」で終わってしまうという…w

 ネッシーの写真は捏造だったとか、人魂の出来方とか、今まで「未知」だったモノが色々と科学的に証明されてしまったり、
ネットの発達で「ウソ」が簡単に暴かれてしまう現代においては、
最早「霊」はあくまで物語の中にキャラクターとして存在する者であって、畏怖というか…見えないものに対する恐怖ってのは、大真面目に語るものではなくなってしまったのかも知れませんね。

 しかしこのコミック、現在も文庫本で復刻されたり、「平成版」が出てたりしてますから、
連載当時のちびっ子達に霊の恐怖を植えつけたこの作品は、今でも愛され続けているのね…(*´ω`)と思うと感慨深いです。


 そーいや子供の頃は「深夜0時」って途方もなく遅い、全てが寝静まった時間だと思っていたのですが…
今じゃフツーに「帰宅時間」です…orz

 | HOME | 次のページ »