忍者ブログ

[PR]

2017年10月24日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

指輪を利用した吊り込みの考察

2009年03月08日
 本文64ページに対応しまして、
「指輪を利用した吊り込みは効果があるのか」の検証結果です。

注意点としまして、
  1. 被写体の手は異常に小さい(大人の手ですが、下手すると小学5年生より小さい)
  2. 漫画内の「目玉付指輪」を紛失してしまったので、代わりに真珠の指輪を使用(しかも1個しかなかった)
  3. 全体的に微妙
異常を…じゃなくて以上を踏まえた上で、ご覧下さい。
まず、普通に指輪をした状態から…
turikomi1.jpg
ちょっと指輪が隠れましたが、普通に指輪をはめてる所です。

先生は左利きという設定なので、それに倣って左手で…。

指輪をしても、この状態でも、指を曲げないと牌を挟めません。










turikomi2.jpg

裏返すと、ここまで指を曲げなければ、牌は吊り込めません。









…では、指輪を裏返した状態ではどうでしょう。

turikomi3.jpg
お。
指を曲げなくても持てます。













裏返してみると…

turikomi4.jpg
おー。

わかりますか?
親指が入り込みますが、薬指と小指はほぼ真っ直ぐでも吊り込めます。

つまり、牌を「指の肉と指輪の間に挟みこむ」事は成功です。







という訳で、真珠の指輪位に凹凸のある指輪を内側にはめれば、指を曲げずに吊り込む事は可能である事が実証されました。

別に、真珠以外でも可能でしょう。大きければルビーの指輪でもどうぞ。
但し、内側にはめて下さい。
普通のはめ方では、あまり効果がないと思われます。

…っていうか、余興か遊びでしか使わないで下さいね(^^;
リアルに雀荘とかでコレやったら、半殺しにされるか誰からも相手にされなくなる事うけあいです。
PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: